ハイヤーは誰でも利用することができるものです

ハイヤーは誰でも利用することができるものです ハイヤーといえば、高級な車で料金も高く、特別な時にしか乗ることができない、といったイメージがあるかもしれませんが、そのような時以外にも使えますし、また誰でも利用することができる乗り物です。ハイヤーとは言いますが、基本的にはタクシーと同じで利用者の求めに応じて目的地まで運んでくれるサービスです。実際に、タクシー会社の中にはハイヤーの運行も行っている会社もあります。

タクシーと異なるところは、走行距離によって料金を支払うのに対して、ハイヤーは時間制料金の貸し切りである点です。また、利用する際にはハイヤーは完全予約制であるのが基本で、車道や歩道で拾って乗ることはできません。そして使用される車両にはタクシーよりもワンランク上の車が用いられることが多い点があげられます。

タクシーやハイヤーを運転するには、二種免許と呼ばれるお客さんを乗せて料金を得るための運転免許が必要ですが、より高度な技術が要求されるのがハイヤーです。普通免許を取得して三年以上経過していれば受験できる資格です。ハイヤーが使われる場面としては、会社役員やVIPなどを送迎するといった場合が例としてあげられます。企業側で専任の運転手と社用車を用意するよりもコスト削減につながったり、有効的な時間の使い方ができるといった理由で多くの企業から利用されています。

また、一般でもパーティーや特別な行事が行われる際にも利用され、冠婚葬祭においても需要の高まりを見せています。法人で活用するならば、定期的な契約をしている企業が多くあり、専属の運転手が日々の通勤や移動の運転を担当しています。予約をすることで、短期間の指定の時間、または1日ごとに時間貸しもしてくれるので、営業先や視察先を回るなど様々な利用方法が可能になることも特徴の一つといえます。

ハイヤーの運転手はタクシーの運転手と兼任している会社もありますが、ハイヤーを専門とするところもあります。ハイヤーの運転手のレベルはタクシーよりも優れていることが求められているため試験内容も厳しい傾向にありますが、最近では業務に必要な技術や二種免許の取得を会社側がサポートしていることが多くなっています。運転手という仕事ですから、年齢や性別も不問で中高年や女性でも始めることができますし、経験も入社後に積めるので心配いりません。しかしながら、より細かなおもてなしができる人材が求められているのもまた事実でしょう。

特に観光ハイヤーでは、おもてなしやサービス力を発揮することが求められたり試されたりします。一般個人で観光をする場合、公共機関や自家用車を使うことが多いでしょうが、長時間の運転で疲れたり、道に迷ってしまったりと不慣れな土地では不便なことも多々出てきます。その点、時間で貸し切って利用ができるハイヤーなら、そのエリアの観光スポットを効率的に、かつ楽しく巡るのに最適な方法でしょう。荷物の心配が要らないのも大きな魅力です。地理に詳しいのはもちろん、運転手が観光案内のプロであり、ガイドをしながら運転してくれる場合も増えていたり、そうなるための教育をしている会社もありますから、観光地についての詳しい情報が得られ、利用者側としてはメリットがたくさんあります。

ハイヤーの運転手として働くメリットもいくつかあります。予約制で仕事が決まる事がほとんどですから、働き方をライフスタイルにあわせて選択できる自由さがある点です。また、その地域でよく利用されている会社であれば、それだけ多くの仕事が得られます。需要がある地域の運転手であれば安定した仕事量を維持することに繋がり、収入面でも強みになるため安心して働けるでしょう。

最新ニュース