勤務先としてのハイヤーを考える

運転が得意な人にとっての働き口としては、バスやタクシーの運転手などは魅力的な候補として挙げられますが、ほかにもさまざまなスキルを持っているのであれば、ハイヤーの乗務員に応募してみるのも、選択肢の一つとしておすすめです。

ハイヤーは他の交通手段とは大きな違いがあり、たとえば決まった場所や時間帯を運行する路線バスと比較してみた場合、顧客の都合で配車する場所と時間はその都度変化しますし、途中の運行経路についても臨機応変の対応を求められるといった特色があります。また、タクシーはハイヤーと似ていますが、予約なしで不特定多数を相手にしているタクシーに対して、会社の社長などの専属として、あるいは事前の予約を受けて車両とスタッフの双方をまるごと貸し切るスタイルとなるハイヤーとでは、そのあり方は大きく異なっています。

これらの特徴を考えると、ハイヤーはあらゆる乗り物のなかでも車両と乗務員の両方にわたってハイグレードであることを求められています。運転技術もさることながら、顧客への配慮やおもてなしの姿勢などのさまざまな要素を兼ね備えた人材こそが会社の財産になっていることがわかります。

これからハイヤーの乗務員になろうとする場合、運転技術だけではなく、今まで接客などの経験を持ち、こまかな心配りができる人間性であることなどが問われる可能性があります。これは、たとえばタクシーなどの運転に携わった経験はないものの、中途採用で前職を生かした仕事がしたいと考える人にとっては絶好のチャンスともいえます。実際のところ、運転技術については、業務として自動車を運転するための高度な二種免許が求められるため、通常は採用後の社内的な研修制度などで必要な資格や知識経験を身につけることができるようになっています。

一見すると乗り物とは関係のなさそうな接客や営業などの社会経験は、最高のおもてなしを提供するハイヤーには不可欠なスキルのひとつですので、異業種からの参入も歓迎される傾向があります。何よりも一生の仕事として考えた場合には、他の仕事と比較すれば給与水準はグレードの高さに見合った満足できるものとなっていますし、本人次第で仕事を通じて顧客から感謝されるといった何ものにも代えがたいものを得られる可能性もあります。不安がある場合には、これから勤務先にしようとする会社の概要や営業姿勢、待遇などのこまかな部分を聞くことができる説明会などに参加すると良いでしょう。